おりじゅのブログ ~九州大学法学部の学生によるブログ~

1日1投稿を目安にブログをやっています。ページ右部にカテゴリがあるので気になる方はそちらもどうぞ!

ベルリンの壁と森鴎外記念館を見学する(旅行9日目①)

おはようございます。昨日と違い、本日は一日中観光することができます。

f:id:hanoian:20190316231826j:plain

朝食はバナナ風味の牛乳(甘かった・・・)

今日の午前中はベルリンの壁関連の施設を見に行くことにしました。壁が残存している地域では、下の航空写真のように昔壁があったところがハイライトされています。

f:id:hanoian:20190316231900j:plain

とある道路の交差点。実は当時、ここには壁が立っていました。

f:id:hanoian:20190316231930j:plain

当時は写真の奥の方へと壁が立っていました

左の方を向くと、壁の一部が残されています。

f:id:hanoian:20190316232122j:plain

展望台に上がって上から見てみましょう。

f:id:hanoian:20190316232233j:plain

入場料は無料。1階には東側の人から見た壁の展示がされていました。

茶色い棒が生えているところが壁のあったところです。

f:id:hanoian:20190316232345j:plain

監視塔を残して、当時の雰囲気を展示しているゾーンもありました。

f:id:hanoian:20190316232415j:plain

ベルリンの壁はさすがにタッチしても壊れないので触り放題です笑。

f:id:hanoian:20190316232444j:plain

鉄筋コンクリート製ですからね・・・

ベルリンの壁は落書きされているイメージが以前からあり、実際そうでした。しかし落書きが片面にしかされていなかったのは謎です。

f:id:hanoian:20190316232538j:plain

先ほどの壁の反対側。対照的。

壁を見た後は森鴎外の記念館へと向かいます。

f:id:hanoian:20190316232734j:plain

ドイツらしい建物をまた発見。フンボルト大学の農学系のキャンパスだそうな

記念館はとあるアパートの一部屋にありました。開館時間が10時から14時と、かなり短いので注意。

f:id:hanoian:20190316233241j:plain

展示はドイツに滞在していたときの森鴎外がメインでした。

f:id:hanoian:20190316233320j:plain

日本語とドイツ語の解説がありました。久しぶりの日本語。

森鴎外の部屋を再現した展示もありましたね。

f:id:hanoian:20190316233417j:plain

実は今の大学生の部屋とそんなに変わりません

展示を見終わってから彼の著作が読みたくなってしまい、ドイツから帰ってきた後に大学の書店で『舞姫うたかたの記』(岩波文庫)を購入してしまいました。ちょうどセールのときだったので20%割引で買えました。

 

さいごに

そういえば、昨日の九州の鉄道乗りつぶし計画ですが、4日でコンプリートできるめどが立ちました。3月最終週に実行するかもしれません・・・。

 

それでは。

 

翌日の投稿:

 

昨日の投稿:

hanoian.hatenablog.com