おりじゅのブログ ~九州大学法学部の学生によるブログ~

当サイトへアクセスしていただきありがとうございます。1日1投稿を目安にブログをやっています。ページ右部にカテゴリがあるので気になる方はそちらもどうぞ!

インゴルシュタットにあるアウディフォーラムを訪問してきました(旅行7日目②)

インゴルシュタット中央駅から各駅停車の列車で北に1駅行ったところがアウディフォーラム(ミュージアム)の最寄り駅です。そこからは2キロ近くあるのでタクシーなり、バスなりを利用して目的地に向かいましょう。

f:id:hanoian:20190312235704j:plain

車内にはベンツのミニカー

目的地に到着しました。今回乗車したのはEクラスのワゴンタイプでした。

f:id:hanoian:20190313000012j:plain

入場料は2ユーロ。学生証提示で半額の1ユーロになります。小規模だからということもありますが、大変良心的な入館料ですね。入ってすぐ、こちらの自動車を載せたリフトが目につくと思います。こちらには、歴代のル・マン24時間レースで走ったレーシングカーが展示されています。

f:id:hanoian:20190313000104j:plain

一番最初の展示フロア(最上階)に行けば、先ほどの車を手に触れられるぐらいそばで見ることができます。

f:id:hanoian:20190313000155j:plain

汚れの付き方からして、実車をそのまま展示しているのでしょうね。

f:id:hanoian:20190313000222j:plain

あまりにも自然な汚れの付き方

アウディのレーシングカーに日本人ドライバーが乗車していたこともあったのですね。

f:id:hanoian:20190313000327j:plain

2004年の優勝車。よくよく調べたら、日本のレーシングチームじゃないですか笑

こちらの自動車ミュージアムも古い自動車から順に展示しています。ベンツよりも歴史が浅いからか、クラシックカーの展示量はあまり多くありませんでした。

f:id:hanoian:20190313000504j:plain

フレームの一部が木製

正直にいうと、昔のドイツ車(70年代以前)はあまり区別できません・・・。エンブレムを見れば話は別ですが。

f:id:hanoian:20190313000541j:plain

自動車の展示量が7でバイクが3、といったところでしょうか。バイクの展示量が多かったのが印象的でした。

f:id:hanoian:20190313000618j:plain

個人的にアウディモータースポーツといえば、F1ではなくラリーのイメージが強いです。

f:id:hanoian:20190313000644j:plain

ちょうど20年前の車

こちらもラリーカーだと思われますが、フロントのウイング状のものの用途が不明です。

f:id:hanoian:20190313000759j:plain

 

下のフロアに行くと、アウディがル・マンに最後に参戦したときに使用していたR18が展示されていました。フェンスで仕切られていないので本当に間近で見ることができます。

f:id:hanoian:20190313000836j:plain

ル・マンを走っていたのは2016年

今回R18を見たことで、ポルシェ・アウディトヨタのLMP1カーを全て見ることができました。(トヨタのLMP1カーはおととしの東京モーターショウで見ました)

f:id:hanoian:20190313000915j:plain

続いて、70年代以降のアウディの市販車が展示されています。VWに吸収された後だからか、若干デザインがVWに似ている気がします。

f:id:hanoian:20190313000942j:plain

この緑色は特に似ている気がします・・・。

f:id:hanoian:20190313001004j:plain

ヘッドライトのせいでしょうか・・・?

こちらは一昔前の日本車に似ていますね。(どちらがこのデザインを先に使っていたかは分かりかねますが)

f:id:hanoian:20190313001038j:plain

最下層にはアウディと関連がある他社メーカーの自動車が展示されています。下の写真はアルファロメオですが、アルファロメオアウディに何か関連がありましたっけ?

f:id:hanoian:20190313001115j:plain

実際に販売されているモデルとも若干違う気がします

こちらはフライングビー(エンブレムの別名です。’B'の文字に羽がついています)があるので、ベントレーですね。

f:id:hanoian:20190313001153j:plain

ポルシェに引き続き、こちらでも思わぬサプライズがありました。ブガッティのヴェイロン・ヴィテッセが展示されています。上のフロアでチラッとこの車を見たときから、最下層で待ち構えていることをずっと意識していました。

f:id:hanoian:20190313001306j:plain

確かこの車(正確には特別仕様のバージョン)、最高速度400キロ超で6~7年前に世界記録を出していましたよね・・・。

f:id:hanoian:20190313001424j:plain

こち亀にも登場するくらいマニアの間では知名度が高い

ホイールのペイントも大変ユニークですね。

f:id:hanoian:20190313001522j:plain

インテリアは現行のシロンとは対照的に至ってシンプルです。

f:id:hanoian:20190313001602j:plain

アクティブスポイラー(ブレーキ作動時にリヤウイングが上に立ち上がる)にカーボン製のボディと、昔の車とは思え仕様になっています。カーボン製の部分は、塗装の下がシマシマになっているのですぐ気がつきます。

f:id:hanoian:20190313001637j:plain

16気筒のエンジンに4つのターボがついています。いつかエンジン音を生で聞いてみたいですね。

f:id:hanoian:20190313001730j:plain

普通の乗用車が2~4気筒であることを考えると・・・

サイドシルエット。先ほどのベントレー(後ろの車)と比較してみると、この車の車高の低さが際立ちます。

f:id:hanoian:20190313001856j:plain

触ると警報音が鳴るよという警告文があったので触っている人はいませんでした笑。

f:id:hanoian:20190313001929j:plain

最後に良いものを見せていただきました。楽しい訪問となりました。

f:id:hanoian:20190313002008j:plain

屋外にはアウディの車が展示されています。おまけですが、日本未発売のE-tronです。

f:id:hanoian:20190313002105j:plain

グリルは電気自動車になってもついたままですね

電気自動車のため、後ろにマフラーがありません。

f:id:hanoian:20190313002145j:plain

さいごに

帰りも結局タクシーを利用してしまいました・・・。この後の滞在先でも寄るところがありますし。

 

それでは。

 

翌日の投稿:

 

昨日の投稿:

hanoian.hatenablog.com