おりじゅのブログ ~九州大学法学部の学生によるブログ~

当サイトへアクセスしていただきありがとうございます。1日1投稿を目安にブログをやっています。ページ右部にカテゴリがあるので気になる方はそちらもどうぞ。

読書

中室牧子・津川友介 『「原因と結果」の経済学』を読んで

久しぶりに本を読んだので、本日はその感想について書こうと思います。本日読んだ本は『「原因と結果」の経済学』(ダイヤモンド社)という本です。 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法 作者: 中室牧子,津川友介 出版社/メーカー: ダイヤ…

小林康夫&大澤真幸『「知の技法」入門』を読んで

今回読んだのは『「知の技法」入門』(河出書房新社)という本。 「知の技法」入門 作者: 小林康夫,大澤真幸 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2014/10/15 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る 内容について 本書の内容は入門編と理論編…

稲本恵子 『社会人基礎力』を読んで

久しぶりに本を読んでみました。今回読んだのは最近発売された『社会人基礎力』(晃洋書房)という本。 社会人基礎力(大学生の社会人準備講座) 作者: 稲本恵子,白井弘子,吉浦昌子 出版社/メーカー: 晃洋書房 発売日: 2018/03/20 メディア: 単行本 この商品を含…

E・H・カー 『危機の20年』を読んで (4/4)

夏休みの中頃に読み始めたこちらの本、ようやく読み終えました。 今回読んだパートは11章~14章の部分です。いざ本を読もうと思ったら、意外とスイスイ読めてしまいました。 感想 今回の範囲は比較的内容は分かりやすかったです。というのも、この章で論じら…

E・H・カー 『危機の二十年』を読んで (3/4)

今回は『危機の二十年』(岩波書店)の第三部(7~9章)についての感想を書こうと思います。最後にこのレビューをしたのが1カ月半前のことです。今日と近日中にブックレビューをして次の本へと移行したいですね。 あと130ページ・・・ 感想 今回の部分は政治、権力…

末弘厳太郎 『嘘の効用』を読んで

一週間でまた一冊本を読み終えました。今回読んだ本は『嘘の効用』(日本評論社)という本。 (背景の違いでお気づきかもしれませんが、今回はいつもとは違う場所で撮影しました。) 新装版 嘘の効用 作者: 末弘嚴太郎 出版社/メーカー: 日本評論社 発売日: 2018…

フリードリヒ・シラー『群盗』を読んで

2週間ほど前のゲーテに引き続き、ドイツ文学の作品を読んでみました。 今回読んだ本は『群盗』(岩波書店)という作品。現在ほとんどの書店でお目にかかることの出来ない書籍ですが、来月には岩波文庫より再版されるようですね。 群盗 (岩波文庫) 作者: シラー…

ゲーテ『若きウェルテルの悩み』を読んで。

今回読んだ本は『若きウェルテルの悩み』(岩波文庫)という本。 若きウェルテルの悩み (岩波文庫) 作者: ゲーテ,Johann Wolfgang Von Goete,竹山道雄 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1978/12/01 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 15回 この商品を含む…

E・H・カー 『危機の二十年』を読んで(2/4)

3週間ぶりに読書の続きです。そろそろ読書のほうもペースを上げていきます。今回は前回の続きです。 危機の二十年――理想と現実 (岩波文庫) 作者: E.H.カー,原彬久 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2011/11/16 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 44回 こ…

大学での教科書購入方法について。

大学の後期が始まり、再び教科書や講義の参考書などを購入しなければならない時期になりました。大学に入ってからというものの、教科書の購入方法がこれまでとは大きく変わり、教科書の入手方法も非常に多様になりました。 その一番の要因は教科書となる書籍…

E・H・カー 『危機の二十年』を読んで(1/4)

まだまだ読書の途中ですが、一旦ここまでのブックレビューをしようと思います。 今回読んでいる本は『危機の二十年』(岩波文庫)という本。 危機の二十年――理想と現実 (岩波文庫) 作者: E.H.カー,原彬久 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2011/11/16 メディ…

樋口陽一&小林節 『「憲法改正」の真実』を読んで。

久しぶりに読書後のレビューもしていきたいと思います。 今回読んだのは、『「憲法改正」の真実』(集英社新書)という本です。 (といっても旅行中に飛行機で読んでいたときなので、3週間も前の話ですが。) 「憲法改正」の真実 (集英社新書) 作者: 樋口陽一,小…

マックス・ウェーバー 『職業としての学問』を読んで。

今日読んだ本は『職業としての学問』(岩波文庫)という本。 岩波新書にはよくお世話になっていますが、岩波文庫を読んだのは『オーウェル評論集』以来になりますね。 職業としての学問 (岩波文庫) 作者: マックスウェーバー,Max Weber,尾高邦雄 出版社/メーカ…

時雨沢恵一 『キノの旅XXI』を読んで。

今日読んだ本は『キノの旅XXI』(電撃文庫)という本。 おそらくこのブログ内でいわゆるライトノベルを紹介するのは初めてなのではないでしょうか。僕もあまりライトノベルは読みませんが、これともう一つの作品だけは自分が中学生の頃から読んでいます。(その…

伊藤 真 『高校生からわかる日本国憲法の論点』を読んで

今日読んだ本は『高校生からわかる日本国憲法の論点』(トランスビュー)という本。 高校生からわかる 日本国憲法の論点 作者: 伊藤真 出版社/メーカー: トランスビュー 発売日: 2005/07/05 メディア: 単行本 クリック: 13回 この商品を含むブログ (24件) を見…

橋本寿郎 『戦後の日本経済』を読んで

今日読んだ本は『戦後の日本経済』という本。 戦後の日本経済 (岩波新書) 作者: 橋本寿朗 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1995/07/20 メディア: 新書 購入: 2人 クリック: 8回 この商品を含むブログ (4件) を見る この本は題名の通り戦後の日本の経済に…

レベッカ ソルニット 『災害ユートピア』を読んで(その2)

今日は3週間ほど前に書いたものの続きです。 hanoian.hatenablog.com 今日読み終えた本は『災害ユートピア』(亜紀書房)という本。 その1の画像の使い回しですが・・・ 読破に無駄に時間がかかったような気もしますが、それは置いておいて残りのチャプターに…

レベッカ ソルニット 『災害ユートピア』を読んで(その1)

今日読んだ本は『災害ユートピア』(亜紀書房)という本。まだ道半ばではありますが、読破して全ての章について書こうとすると文字数がとんでもないことになりそうなので、2分割することにしました。 表紙です。右下のステッカーからもわかるように、図書館か…

あらいぴよこ 『隠れビッチやってました』を読んで。

今日読んだ本(?)は『隠れビッチやってました』という本。 "隠れビッチ"やってました。 作者: あらいぴろよ 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2016/09/15 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 正確には今回のものは本というより…

『朽ちていった命 ー被爆治療83日間の記録ー』を読んで。

今日読んだ本は『朽ちていった命』(新潮文庫)という本。東海村のJCOの施設で起こった被曝事故で被爆した作業員の治療が主な内容になっています。 朽ちていった命:被曝治療83日間の記録 (新潮文庫) 作者: NHK「東海村臨界事故」取材班 出版社/メーカー: 新潮…

久しぶりにアマゾンで本を購入。

今日は久しぶりにアマゾンで本、というか辞書を購入しました。 おおよそ3週間ぶりに本を購入したことになりますね。自分の購入ペースを振り返ると、これから先アマゾンスチューデントの会員になり続けるべきかどうかが大変悩ましいです。 購入したのはこの2…

湯浅誠 『反貧困』を読んで

今日読んだ本は『反貧困』(岩波新書)という本。 反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書) 作者: 湯浅誠 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2008/04/22 メディア: 新書 購入: 45人 クリック: 434回 この商品を含むブログ (219件) を見る 本の構成を…

『オーウェル評論集』を読んで(その3)

オーウェル評論集を読了しました。結局12章あるうち6章しか、個人的に記録する価値がありそうなものはありませんでしたが。 これまでの記録: hanoian.hatenablog.com hanoian.hatenablog.com さて、本題に入りますが、これまで通り僕なりに要約ノートをここ…

『オーウェル評論集』を読んで(その2)

これは2週間ほど前に読んだ本の続きです。背景知識がかなり必要でここでは説明がしきれない一部の章を除いて、自分の感想などを書いていこうかと思います。 ちなみに前回の感想はこちらから: hanoian.hatenablog.com 思いつくままに (As I Please, 1944) こ…

末弘厳太郎 『法学入門』を読んで。

今日読んだ本は『法学入門』(日本評論社)という本。 昔の専門書なのか、表紙に題名はない・・・ 新装版 法学入門 作者: 末弘嚴太郎 出版社/メーカー: 日本評論社 発売日: 2018/02/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る この本が書かれたのは察…

南野森 & 内山奈月『憲法主義』を読んで。

今日読み終えた本は『憲法主義』(PHP研究所)という本。 購入時に撮影。 憲法主義:条文には書かれていない本質 作者: 内山奈月,南野森 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2014/07/16 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (17件) を見…

図書カードで本を購入。

そういえば、図書カードが2000円分あったので本屋に行ってきました。 図書カードの話はこちらから。 hanoian.hatenablog.com 福岡のエリアでは残念な話、あまり大きな本屋がありませんでしたので、中心部である天神の方に行ったついでに本屋に立ち寄りました…

『オーウェル評論集』を読んで(その1)

GWに入りかけ、今すぐにするべきことがほとんど無いので、読書モードに入ろうかと思います。 今日からは少しずつ今月アマゾンでポチった『オーウェル評論集』(岩波書店)のいくつかの作品の概要と感想を書いていこうと思います。 作者のG・オーウェルの作品…

村上陽一郎『科学の現在を問う』を読んで

今日読み終えた本は『科学の現在を問う』という本(講談社現代新書)。 科学の現在を問う (講談社現代新書) 作者: 村上陽一郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2000/05/19 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 12回 この商品を含むブログ (2件) を見る この…

今週購入した本について

今日はすこし課題が多いので軽めな内容で。 また本かよ このブログに目を通したことがある人はこう考えると思う。否定はしない。 でもまあ、いつもは趣味で読む本だけど、今日ポチったのは勉強のためだから。。。 まず一冊目:新版 論理トレーニングという本…