おりじゅのブログ ~九大法学部の学生によるブログ~

当サイトへアクセスしていただきありがとうございます。1日1投稿を目安にブログをやっています。ページ右部にカテゴリがあるので気になる方はそちらもどうぞ。

新聞購読を初めてみて思ったこと

hanoian.hatenablog.com

先週末から新聞を取り始めました。どこの新聞とったのかは上のリンクからアクセスしてご覧になってください。今日は購読を初めてみてから気づいた4つのポイントについてお伝えできればと思います。

初めて見てからわかったこと
  1. 折り込みのチラシの量が半端じゃないです。チラシが折り込まれてくるのは朝刊だけですが、その量が多いこと多いこと。チラシを抜くと新聞の厚さが3割くらい減ります。1日の購読料を約80円と考えるとやむを得ないのかも知れませんね。(いや、普通料金で購読してる人もチラシの量は同じなはず・・・?)
  2. 紙面の3~4分の1は広告です。僕に取っては、本の広告以外全く参考にならないものばかりです。いや、その本の広告も「○○で健康になる!」という類いのものもあるので、一概に有益とはいえませんね。
  3. それでも、新聞というリソースは有益だと思います。例えば用語の解説や、これまでの政治の流れを短く、でも明快に説明してくれる点はよく読んでいる新書や書籍にはない良いところ。しかも、自分の興味が無かったエリアのとこからもニュースを引っ張ってきてくれるので自然と頭の中の引き出しが増えていきます。(まあ、頭の中の引き出しが浅いままじゃだめなんですけどね。)
  4. あともう一つメリットをあげるのならば、情報の保存が手軽にできることですね。経済的に限界がある学生は興味のある本をなんでもかんでも買うことは現実的ではありません。そして、無料のネット記事は一定程度の期間が経つと消されてしまうという欠点があります。無料で記事を長期間公開してるのは産経新聞くらいじゃないかと思います。
さいごに

このような点が紙の新聞を取るメリット・デメリットですね。この内容が少しでもこれを読んでいる方の参考になれば幸いです。

 

それでは。

 

翌日の投稿:

hanoian.hatenablog.com

 

昨日の投稿:

hanoian.hatenablog.com